「サーバー」「ドメイン」ってどういう意味?

      2017/02/15

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ブログ




wordpress でブログを開設するまでにしたこと

最初に wordpress にて当ブログを立ち上げようとしたとき、とにかく初心者だったので、何がなにやら本当にチンプンカンプンでした。
 
それを試行錯誤しながら、要約立ち上げたわけですが、まだまだこの分野では素人なので、まず「開設までに何をやってきたか」を忘れないように整理しておきます。
wordpress でブログを開設するまでにしたのはざっくりと以下の5つです。

①レンタルサーバーを借りる申請(サーバーはwpx)

②ドメインを作る(お名前.COMを利用)

③サーバーとドメインを紐付けする。

④wpXサーバーに wordpress をインストールする。

⑤wordpress の初期設定をする。

 
このプロセスで困ったのは意味が分からないこと。
手順どおりやれば開設まではいけるんだろうけど、「サーバー」やら「ドメイン」と言った謎のワードについて分からず進むのは気持ちが悪い。
しかも無料ブログではないので、意味も知らずにそこにお金を払うのにも抵抗があるし。

ということで、ど素人なりに調べました。
今回はそれをより理解しやすいように、分かりやすく例えて覚え書きをします。
 
 

「サーバ」「ドメイン」って何?

これらはよく建物に例えられています。
中でも一番ベタなのがこの例え。
 
 
サーバー → 「住居」
ドメイン  → 「住所」

 
 
この先にさらに枝分かれした細かいワードがたくさんありますが、それらの例え方は人によってバラバラでした。
なのでそれらを総合して、分かりやすく整理しました。
  

サーバー

 
まずサーバーの種類をビジュアル的に例えるとこのようになります。
 
 
レンタルサーバー =「賃貸」

HPやブログという「お店」を開くために借りる部屋。
その部屋の借り方にも以下のような種類があります。
 
 
共有サーバー =「賃貸アパート」

アパートで部屋を借りて、そこでお店を開く感じ。
部屋は自由に使えるけど、トイレやお風呂など住人全員が共有する場所があったり、となりに気を遣ったりして全て自由にはできない。
 
 
専用サーバー =「一戸建ての借家」
 
一戸建てを借りてお店を開く感じ。
敷地内全てを自由に使うことができる。
その分管理が大変だったり、家賃が高くなる。
 
 
VPS(バーチャルプライベートサーバー)=「分譲マンション」
 
部屋だけ借りるのだけど、自由でトイレお風呂も完備されて、一戸建て同様に自由に使える。
 
 
 

ドメイン

ドメインにも種類があります。
これを「住所」に例えると、枝分かれしたワードはこのようになります。
 
 
独自ドメイン =「自分で決めた住所」

車のナンバーみたいに好きなナンバーを指定して申請し、住所をもらうような感じ。
 
 
ルートドメイン =「メインの住所」

申請してもらった基本となる住所。
お店で言うと企業の名前が住所に入ってる感じ。
このブログで言うと「https://neo-dreams.net/」がそれに当たります。
 
 
サブドメイン =「部屋の名前」

借りた部屋ごとに「~の間」みたいにつける名前。
お店の場合、企業が「スポーツ用品店」「雑貨店」とか、ジャンルの違う商品で部屋を分けてつけた店名。
このページで言うと「server-domain」がそれに当たります。
 
 
サブディレクトリ

それぞれ部屋の中で和室、洋室、キッチンみたいに部屋が分かれてる感じ。
スポーツ用品店の中で「テニス」「スキー」「水泳」みたいにジャンル内のカテゴリー分類の名前。
 
 
 
 
以上、こんな感じです。
少しでもビジュアル的にイメージが伝われば幸いです。
  
 
 
 

 - 覚え書き , , , , ,