世界一周旅行に持って行ってもよかったもの、要らなかったもの

      2017/02/15

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は世界一周旅行の持ち物について書きます。
実際に行ってみて、持って行ってよかったものや、要らなかった物、あればよかったと思ったもの紹介します。

持っていってよかった物
要らなかった物
ああ、持って来たら良かった~と思った物

 



持っていってよかった物

ダウンジャケット
その他持ち物 (7)
僕はユニクロのウルトラライトダウンを持っていきました。

ペルー、ボリビアは7月けっこう寒かったし、ヨーロッパは夏でも天候によっては急に寒くなったりするので案外出番がありました。
あと暑い国でもバスがクッソ寒いときなどはかなり重宝しました。
 
 
エアー枕(エアークッション)

エアー枕は枕としてではなく、腰のクッションとして使っていました。
リクライニングできないときとか、腰に挟むとだいぶ姿勢がラクにできます。

ダイソーの平べったいタイプのエアクッションも持って行ったのですが、すぐに空気漏れでダメになりました。
これ系はちょっといいやつ買った方がよいですね。
 

 
 
 
セームタオル(スイムタオル)

水泳で使う用のめっちゃ水吸うタオルですが、これがめちゃくちゃ重宝しました。
とにかくこれ一枚で全くタオルいらず。
乾きも早いし、かさばらないし、超便利です。

帰国後も気に入って入浴時にはこれを利用し続けています。

 
 
延長コード・サイドタップ

これは必須!
ホステルで宿泊する際、ベッドからコンセントまで遠かったりしたときは延長コードがないと不便です。
あとスマホ2台、ipod、ipad、カメラのバッテリー、シェーバーなどの充電のタイミングが重なったときなどはサイドタップがあるとめちゃ助かります。
延長は2.5m以上は欲しいですね。
  

 

全世界対応変換プラグ(カシムラ)

先ほど書いたバッテリーの充電だけしか使わない場合、変圧も不要なので、これ一つでどこでも使えます。

 
 
スマホ端末2種類
image

一つは 以前契約していた iphone 、一つは現在契約中の andloid 端末を持っていきました。
simの入れ替えなどはせず、基本wi-fi環境での利用だったのですが、wi-fiが繋がりにくい時、片方ダメでももう片方が繋がりやすい、ということがよくありました。
iphoneが全くアウトのwi-fiの時でも andloidの方が繋がったということもあって結構助かりました。

あと空港などで無料 wi-fi 利用に時間制限があるときなどは、二つ使えると二倍の時間利用可能になります。
片方のバッテリーが切れそうなときも、もう片方が予備になるので安心です。

などなど、一方ができないことを、もう一方がカバーしてくれたりするので、大いに助かりました。
 
 
安全ピン

これが意外に重宝しました。
何かを緊急で補正したり、サポートしたりするときに役立ちます。

例えば肩がけのカバンが重くなりすぎて、長さ調整できる肩にかける紐がジリジリと伸びてきてしまうのを安全ピンで固定したり。
あとはバスに乗ってて、窓に対してカーテンの横幅が足りなくて後ろの席の人と地味にカーテンの引っ張りになったとき、安全ピンで前のカーテンとを固定して戦いを終わらせたり笑

なにかと使えるし、かさばらないので、いくつか忍ばせていくといいです。

 
 
落語(ipod)

これもこんなに重宝するとは思ってなかったです。
旅中 wi-fi 環境ではネットが使えないので、バスや飛行機など何もすることがない時に持て余します。

そんな中、松本人志さんや千原ジュニアさんも愛して止まないという桂枝雀さんの落語を約四十席ほどipodに放り込んでいったのですがフル稼働でした。

音楽も聴いてましたが「なんか娯楽が欲しい」って時に落語はありがたい存在でした。

ちょっと落ち込んだときの気分転換にもなるし、睡眠導入にも役立ちました。

枝雀さんは落語初心者にも分かりやすく、笑い所も満載なので娯楽としては最適でオススメです。
本でもいいのですが、酔ったり、目が疲れたりと、長時間読めないし、本は本で荷物になります。

 
 

要らなかったもの

カッパ

何度か雨に遭遇して、使いましたが使い勝手悪い!
確かにかさばらないけど、あんまり使えなかったです。

かさばっても折り畳み傘持っていけばよかった。
 
 
ipad

ブログを書くためにPCの代りに持って行ったんですが、だいぶ重く(反応悪くて)なってたのもあってストレスもあり、結局使わなくなって、頑張って iphone で書いてました。
荷物になってもノートPCを用意して行くか、もしくはスマホでも対応できますが、bluetoothキーボードがあればよかったと思いました。

三脚

100均の小さい三脚持って行ったのですが、結局一度も出番がありませんでした。
わざわざ三脚使うより、近くの誰かに頼んだほうが早いです。
 
 
ラゲッジスケール

僕は荷物の総重量が8kgで出発し、ほぼ荷物の変動がなかったし、空港の荷物検査でいちいち重さを計ったりしないので、出番なしでした。
 
 
防犯ブザー

最初はいつでも使えるようにしてましたが、だんだんカバンの奥に入って行きました。
平和な国が多かったのもあると思います。
治安の比較的悪い国に行かれる場合は、気休めにあってもいいかも知れません。
 
 
マネークリップ

世界一周旅行にオススメされてる方がいたので持っていったんですが、ただ邪魔になって途中で捨てました。
お金は基本ダイソーで買った小さい財布を使って、何も不自由しませんでした。
 
 
モバイルバッテリー

これは結論から言うと「あった方が気が楽」なんですが、事情があって持って行ってた物を途中で手放すことになってしまいました。

何かといいますと、最初のフライトで北京で乗継したとき、モバイルバッテリーがひっかかり没収されてしまいました。
日本での検査ではスルーできたのに、北京ではアウト。
理由は容量オーバーでした。
これは盲点でした。

その後どこかで買おうと思いながら、結局最後までなしでなんとかなりました。
 
 
 

ああ、持って来たらよかった~と思ったもの

チャック付きポリ袋

一応は持っていったんですが、小さいのがもっと沢山あればと思いました。
何用かと言うと、国を移動して通貨が変わったとき、紙幣は両替できますが、貨幣は両替でないのでそのまま荷物になります。
そのとき小さい袋があれば、国ごとに分けてコンパクトに整理収納できます。

  
 
ゴシゴシタオル

体を洗う用のタオルについて「手ぬぐいで何とかなる」という情報を元に、手ぬぐいを持って行ったのですが、それだと泡立ちも悪くてどうしても洗ってる感じがしなくて、専用のものを持って来ればと思いました。

ただ、手ぬぐいは手ぬぐいで、かさばらずにタオルやハンカチなどの代わりをしてくれたので持って行ってよかったです。

 
 
テープ

これはちょくちょく「あればよかったな」という場面に出会いました。

特に思ったのは、充電の時です。
充電の際には変換プラグを利用してたのですが、コンセントの穴がの周囲が欠けたりして、妙にグラつく時が結構あって、すぐ外れたり、挿さってると思ってたのに接触悪くて充電できてなかったり。
そんな時セロテープなりビニールテープなりあれば固定できたのにと強く思いました。

その他色々と補正、固定のシーンで役立ってくれると思います。

 
 

まとめ

と言うわけで、今回は世界一周の持ち物について、お届けいたしました。
色々紹介してきましたが、たいがいの物は現地調達できます。
ただ田舎の方に行くと品質が良くなかったり、なかなか売ってる店がなかったりとかすることもあるので、用意できるものはしていった方がいいと思いました。
 
 
最後までご覧頂きありがとうございました。

お役に立ちましたら是非クリックお願いいたします♪
   ↓にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ
にほんブログ村

 - 世界一周, 持ち物 , , , , , , ,