パナソニックのホームベーカリー SD-BH1001 を購入しました。

      2017/02/15

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

01
パナソニックのホームベーカリー SD-BH1001 を購入しました!

うちでは毎朝習慣的に食パンを食べるのですが、最近原材料を気にするようになりました。
その原材料とはマーガリンショートニングです。

マーガリンやショートニングには、食べるプラスチックと呼ばれる、とても危険視されている「トランス脂肪酸」が含まれているということを最近知りました。

このトランス脂肪酸、摂りすぎると心臓病などのリスクを高めるということで、アメリカでは2018年以降原則禁止になるそうです。




たまに食べるならよいのですが、毎朝口に入れるものとなると、ちょっと心配になります。
そこで、マーガリンやショートニングが含まれていない食パンを探したのですが、なかなか美味しいものに出会わない上に、結構高いんですよね。

そうなると「自宅で作ってしまえばいいじゃん」ということになりまして、色々調べた結果、パナソニックのホームベーカリー(SD-BH1001)を購入するに至りました。
panasonic 公式 商品ページ
 
  

実際に使ってみて

実際に使ってみると想像以上に簡単にパンが出来ました!
しかも驚くことに美味しい!!!
 
   
メニューは色々あるのですが、色々試した結果うちでは「パン・ド・ミ」を気に入って作っています。

では、どんな感じで作るのか簡単に紹介いたします。
 
 
まず用意するのはこちらの日清製粉の強力小麦粉ドライイースト

02

あとはご家庭にあるバター、砂糖、塩、水だけです。
(スキムミルクを入れても入れなくてもいいと書いてあるので、うちでは使わずに作っています。)
 
 
まずパンケースを取り出し、小麦粉、バター、砂糖、塩、水を指定の分量だけ入れます。

03
 
それを本体にセットします。

04
 
中蓋のイースト容器にドライイーストを入れます。

05
 
蓋を閉めたらメニューを選んで、焼き上がりの時間をセット。

06
 
以上です。
 
 
朝にできるようにセットしておくと、明け方にいい香りが漂ってきます。
時間になって蓋を開けるとこんもりパンの頭が!

07
 
取り出すと立派な食パンが出来ています。

09
10

焼きたてはアツアツでふっくら、味も食感もいいです!
 
 

バリエーション

 
このパナソニックのホームベーカリー(SD-BH1001)は色々なメニューのパンが焼けます。

食パンなら普通の食パンや今回の「パン・ド・ミ」 の他に「ソフト食パン」「サンドイッチ用」「ごはんパン」「フランスパン」などなどバリエーションがあります。
それ以外にも、「パン生地/ピザ生地」を作って、バターロールやクロワッサン、ベーグルなどを作ることも出来ます。

あと生地にレーズン、ナッツ、ごま、くるみなどを混ぜてパンを作ることも出来ます。

コスト

 
気になるランニングコストについて。
市販の食パンを買い続けるのと、ホームベーカリーで作るのとではコスト面ではどうなのか。

うちではマーガリンやショートニング不使用にこだわっているので、市販で食パンを買うとどうしても高くなります。
それに対して、ホームベーカリーで作った場合の一斤あたりの材料費とを比較してみると、ざっくり2/3くらいに抑えられました。

長期的に毎朝食べ続けることを考えると、こちらにして正解だったと思います。
 
 
先日、安部総理が「生乳については指定団体に出荷する酪農家のみを補助対象とする仕組みをやめ、酪農家が販路を自由に選べ流通コストの削減と所得の向上が図れる公平な事業環境に変えます」と公式に宣言されました。
今後バターなどの乳製品の価格水準が下がってくることが期待できるので、さらにコストダウンできると思います。
 
 
 
とにかく簡単で美味しいです。

家庭で、この簡単さで、このクオリティが出来るのは感動です!
へたにパン屋で買うよりも俄然美味しいので、パン好きの方は是非ご自宅で試してみてください。

 
 
最後まで、お読みいただきまして、感謝いたします^^

お手数ですが、1クリックお願いいたします。
ありがとうございました♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 - 覚え書き , ,