世界一周 で最も コストを抑えた お金の使い方

      2016/10/20

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

紙幣
初めての一人海外で世界一周。
 
まだまだ不安が止まりません。
 
 
 
特に心配なのがお金。
 
 
 
海外でのお金はどうすればいいか。
 
 
色々調べた末、

ベストオブ海外でのお金の使い方は
 



 
 

①「マネパカード」
②「クレジットカード」
③「現金はキャッシング」

 
 
という結果になりました。
 
 
 
 
マネパカードが利用できる通貨の時はマネパ、

その次にクレジットカードで支払い、

現金が必要な場合はATMでキャッシングして使う

という塩梅です。
  



  
 
  
これが一番手数料を安く抑える方法で、

空港や銀行などでの外貨両替は、もはや大損とまで言われています。
 
 
 
 
そんなこととはつゆ知らず、

去年の台湾旅行ではしっかり空港で両替してしまった...orz
 
 
 

  
まず空港や銀行などでの【現金両替】の場合

両替手数料約3%がかかります。
 
 
 
 
 
それに対して【マネパカード】は海外専用キャッシュカードで

事前に日本の銀行口座に入金(要手数料)しておいた日本円をチャージして使えるカード。
 
米ドル、英ポンド、ユーロ、豪ドル、香港ドルが利用可能。
 
 
プリペイド式なので、キャッシング枠や利息もなし。
(利用限度は月200万円まで)
 
 
 
MasuterCardの使える店ではクレジットカードみたいに使えるし、

同じくMasuterCardの使えるATMで現金引き出しも可能。

レートは【マネーパートナーズのFXレートに一定のコストを加えたレート】だそうですが、

米ドルの場合約0.73%という低コスト。
 
 
なのでこのカードが使える時は優先的に利用します。
 
 
 
 
次に【クレジットカード払いの場合】

VISA、Masterがおよそ「1.63%%」、

JCBがおよそ「約1.6%%」の手数料です。
 
 
 
 
【海外キャッシングの場合】

「年率18.0%÷365日×借入日数」

年率18.0%÷365は約0.05%%で、これの返済日までの日数分。

30日でも1.5%%になります。

さらに「繰上返済」によって日数を減らせばすれば、その分利息を減らせます。
 
 
 
 
ただ繰上返済は電話での連絡が必要なことが多く、

面倒だったり電話代が高くついて「結局損だった」ということにもなりかねませんが

「セディナカード」は、ネット上で繰上げ返済が可能。

さらにその後、利用限度額が満額まで戻るというありがたいカードです。
 



 
 
 
 
さらに「デビットカード」というのもあって、
 
こちらはクレジットカードのように買い物でもATMでも使える銀行キャッシュカード。
※ホテルの保証金(デポジット)には使えない。 
 
 
利用時の換算レートはカードによって違い、
  
ジャパンネット銀行は3.02%、楽天銀行3.024%の手数料が必要。
  
イオンカードは1.60%%、Sony Bankは1.76%%と案外結構お得なようです。
 
 




 
 
 
 
そんなこんなで

あれこれ調べてる間にカードだらけに。

カード 
 
 
スキミングには細心の注意を払いながら
  
 
①「マネパカード」
②「クレジットカード」
③「現金はキャッシング」

 
 
で旅をしたいと思います。
 
  
 
ご覧頂きありがとうございます。
是非クリックお願いいたします♪
   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

 - お金, 世界一周, 持ち物, 準備 , , , ,