ロケ地を探せ!インセプション編

      2018/05/07

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

夢
 
 
 
今回の世界一周の旅では僕の好きな二大映画の「ロケ地に行く」のも、一つの目的になっています。
  
 
一つ目1999年公開の『マトリックス』(The Matrix)

そしてもう一つが2010年公開の『インセプション』(Inception)





 
 
今回はインセプションについて。(マトリックスについての記事はこちら) 

まず「インセプション」がどんな映画かと言いますと、
 
 
 

 レオナルド・ディカプリオ扮する

 「人の夢の中に入り込んで頭の中のアイデアや情報を盗み出す潜在意識スパイ」である主人公コブが、

 渡辺謙扮する「巨大エネルギー会社の社長サイトーさん」の依頼で、

 とある人物に対してアイデアを「盗み出す」のではなく、

 「新しいアイデアを植え付ける」という難題なプロジェクトに挑む、

 
 
 
というストーリーです。
 
 
この映画の面白いと思うところは「夢の中のセオリー」の描き方です。

夢が二段階三段階と階層になっている」ことや、

階層が深くなるにつれ時間の流れが遅くなる」ことなどなどです。
 
他にも色々とルールがあるのですが、わりとリアルで説得力があります。
 
  
そのセオリーを巧妙に利用しながら、2時間半の長編にもかかわらず

最後まで緊張感を持って飽きさせずエンターテイメントしてくれます。
 



 
 
ラストシーンも「どっちなんだよおい」と一緒に観た人とひと盛り上がりできます。
 
 
そして2度3度と見直すと発見があって、なお面白いです。
 
 

  
 
パリ

インセプションのロケ地

 
インセプション」のロケは主に5箇所ありまして。

これは先の説明の夢の階層でも場所が違います。
 
 
 
第3階層のロケ地がカナダの山中にあるのですが、どうやら立ち入れないみたいです。

ここは諦めて却下。
 
 
夢に入る前の現実世界と、序盤に出てくる夢の世界でロケに使われてるのが

フランスのパリイギリスのロンドン、そしてモロッコのタンジェ
 
 
パリはセーヌ川にかかるビルアケム橋とその周辺の地区で、

場所も特定できてるので簡単に行けそうです。
 
 
ロンドンの方はユニバーシティカレッジロンドン、アステラスファームの社屋、

ファーンボロ空港など、学校や施設の中なので全てその場所まで入っていけるかはわかりません…
 
 
そして本編ではケニアのモンバサとして登場している場所のロケ地が、

実際はモロッコのタンジェなんですが

Googleストリートビューが出ず、現時点ではこれ以上調べられないので、

現地でサーチするしかなさそうです。
 
 
あと主に夢の第1階層のシーンや、第4階層などで使われてるのがロサンゼルスのダウンタウン

映画の冒頭や途中の回想シーンなどで出てくるビーチもロスです。
 
 
なのでこの映画に関してはパリ、ロンドン、タンジェ、ロスの4箇所を探索しようと思います。
 
 
 
詳しくは現地を観てから記事にします。

→ 実際に行った記事やロケ地に関する記事はこちら
 
 
 
ちなみに日本にもインセプションのロケ地と分かっている場所があります。

序盤に出てくるヘリポートは、東京の赤坂アークヒルズの屋上で、

同じく序盤で新幹線が通り過ぎる一瞬のシーンが静岡県富士市の富士川にかかる鉄橋です。
 
 
あとロケ地ではないですがオープニングのキンキラ金屏風のお城は、京都二条城がモデルだそうです。
 
 
 

 

ご覧頂きありがとうございます。
お役に立ちましたら是非クリックお願いいたします♪
   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

 - ロケ地, 世界一周 , , , , , ,