冒険の書を作る

      2018/04/08

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

daade6b159c67ff3c61f686d45fc0d1e_s
ある日

「ほな、世界一周しよ」
 
 
と思い立ちまして、
その旅を記録するために当ブログを立ち上げました。
 
 
 
まず、なんでそう思ったか。
ここまでの経緯を記録します。

長くなりそうなのでできるだけざっくり。
 
 
 
私は アルフ 37歳。
 
 
父親は有名な旅行会社に勤めておりまして、
添乗員として海外旅行も頻繁に行く旅のプロで
引退後も一人で海外に長期滞在するほど。

母もその影響もあって、
近年いろんな国へ長期旅行へ行っている。

そんな親を身近で見ていながらも全く影響を受けず、
「旅」や「海外」に興味ゼロだった僕。

だって英語もしゃべれんし、
海外は物騒だし、
旅行はお金もかかるし。
 
 
そんな僕がなぜ海外に魅せられたのか・・・
 





  
 
 
 
学生時代はお笑いと漫画が大好きで、
高校卒業後に漫画の学校に入学。
しかし一学期で漫画家が自分に向いてないと気づく。
 
 
19歳から親友と一緒に趣味だった音楽を本格的にやり始める。

22歳の時に親友とのグループを脱退し、
現在のグループに加入し、ライブ活動を始める。

26歳にはインディーズの事務所に入りバリバリ活動。
一時期は週一でライブをやっていた。

30歳過ぎた頃までは絶対に音楽で食っていくつもりだった。
 
 
しかしだんだんと雲行きが怪しくなる。
 
 
31歳に大人の事情で事務所を辞める。
30代中ごろにはメンバーに家族ができたり、仕事ができるなどして活動自体が失速。
  
なにより僕自身もある時から「起業したい」と思う気持ちが芽生え、だんだんと音楽への興味が薄れてきてしまった。
 
 
その起業に向けて色んな本を読んでいくうちに出会った一冊の本。

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

 

タイトル通りに
  
「世界っておもろいやん」
 
って思わされてしまいました。
同時に「海外に行きたい」願望が刷り込まれました。
 
なにはともあれ、とりあえず来年一度は海外に行くぞ!と目標に掲げました。
 
 
 
そこからとりあえずパスポートを取りに走り、独学での英語の勉強をスタートさせ、海外に関する本を読み漁りました。
 
 
そんな中、また心を大きく動かす一冊に出会う。
 
友達が「面白い」「旅に行きたくなる」と勧めたこの本。
 
 
ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)


 
 
これ一撃で友達の予告どおり


「うわ、一人旅おもろ」

紀行エッセイなのですが、たかのてるこさんの本はどれも面白く
旅に行きたい!って思わせてくれます。
 
 
その直後。
バンドメンバーの諸事情に活動を休止することが決まる。
 
 
そうなると・・・
 
 
長期で海外に行ける・・・
 
 
 
もしかしたらもう
二度と今後こんなチャンスはないかもしれない・・・
 
 
 
ほな世界一周しよ
 
 
 
 
 
これが僕の「ほな世界一周しよ」までの経緯なり。
 
 
 
出発日ははっきりは決まってないけど、たぶん6月。
それまで旅の準備をメモメモしていきます。
 

クリックありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

 - 世界一周, 準備