アムウェイに気をつけろ⑩BBQ大会[後編]アムウェイが勧める本

      2018/06/12

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

アムウェイBBQ

 
どうも、素人勇者のアルフです。
 
 
ただいま数年前に僕の身に起こった、アムウェイとの一連の出来事を書き綴っています。

「僕がアムウェイに出会い、入りかけて、直前で思い留まるまで」の話です。

そんな過激なものではありません。
また、アムウェイを全否定するものでもありません。




 

ただ、ちょっとアムウェイってなんかキモいなアムウェイってなんか怖ええなって思った出来事です。

この一連のストーリーで、アムウェイがどんな活動をしているか、ちょっと学んでもらえる話になっています。
 
 
 

バーベキューで色んな夢追い人を紹介される

とある起業セミナーで知り合ったA君に、誘いに乗ってなんだかんだ遊んでるうちに仲良くなって5ヶ月。

バーベキューに誘われて、やって来て人数の多さに驚いたのが前回の話。
BBQ大会に誘われたときの話[前編]
 
 
 
今回は、そのバーベキューの続きです。
 
 
とにかくめちゃくちゃ人が多いバーベキュー。

実はほとんどがアムウェイなんやけど、このときは知らないし、誰も教えてくれないので、僕にとっては「何の集まりかわからん謎の集まり」のバーベキュー。
 
 
 
A君に聞いても、ちゃんとした返事は帰ってきませんでした。

分かってるくせにね。
 
 
 
ただこの時分かったのは、この集まりの中で一番立場が上なのは、どうやら教授だということだ。
 
 
 
教授とは、以前A君に誘われた参加した、「ファイナンシャルセミナー」という謎のセミナーで経済の話をしていた、皆に慕われ尊敬されている謎のカリスマ

そして、A君を含む、ここに集まっているアムウェイ組織のトップに君臨する男である。
 
 
 
集まった人達についてA君は「俺も知らない人がいる」と言ってたので、恐らく教授系列ではない、別系列のアムウェイ組織も混じってるんでしょう。
 
 
 
そんな中、僕はバーベキューとお酒を楽しみながら、A君から次々と色んな人を紹介してもらいました。
 
 
 
役者やってる人、バーをやろうとしてる人、メガネ屋さんで働いてる人、派遣のバイトの人などなど、職業は様々。

ますます何の集まりかわからんのだが!!
 
 
ここで!
 
 
 

「アムウェイにきをつけろ」ワンポイントアドバイス

アムウェイ・ワンポイントアドバイス (10)

このバーベキューには、不思議なほど色んなジャンルの人間が集まっているのだが、たった一つ共通点がありました。
 
 
 
それは、「なんだかキラキラしてる」こと。

なんか抽象的で説明しづらいんですけど、とにかくみんな何かしら夢を持って、イキイキしてるのよ。

まさにリア充って感じ!
 
 
 
これには理由があって、要はそういう人たちが、アムウェイにハマりやすいし、そういう人だからこそ選ばれて、集められてるんです。
 
 
 
A君と初めてあったときもそう、B子ちゃんに始めて会ったときもそう。

アムウェイの人たちは「夢や目標をやたら聞いてくる」と前に書きました。
第二のアムウェイB子ちゃん
 
 
 
アムウェイの人たちは、そういう夢や目標を持っている人に対して、最終的には
 
 
 

「アムウェイで頑張ったらお金と時間の自由を手に入れられるんだ!」

「たくさんの色んな仲間がいて、人脈も出来るし、お互い助けあえるし!」

「アムウェイで権利収入と自由な時間を手に入れて、一緒に夢や目標を叶えよう!」

と、甘い誘惑で勧誘してくるです。
 
 
 
で、アムウェイのことをよく知らない若い子は、ヘタすりゃコロっといっちまうんですね!

こういう「夢」とか「目標」を持ってるモチベーションの高い人がターゲットになりやすいんです。
 
 
 
そして、そういう人たちが、一度アムウェイに入ってしまうと、その中でどんどん洗脳を受けて、さらにキラキラリア充となり、新たな会員を増やすべく奔走するようになるわけです。
 
 
 
というわけで、もし「コイツらなんか無駄にキラキラしてんなぁ」と思う謎の集団を見たら、アムウェイの可能性があるので要注意です。
 
 
 
そう、僕はまだこのときは、まさかアムウェイの集団だとは知らず、ただ人脈が増えていくことが嬉しくて、またどんどん居心地のよい空間になっていってました。
 
 
 

アムウェイが勧誘前に勧めるオススメ本

アムウェイが勧誘前に勧めるオススメ本

さて、僕はこのバーベキューいろんな人と交流する中で、先ほどチラッと登場したこの組織のリーダーで、皆に慕われ尊敬されるカリスマ・教授に、思い切って話しかけにいきました。
 
このときは正直、「お近づきになりたい」という気持ちでした。 
 
 
 
僕は教授に、自分が「起業したい」ということについての悩みを相談をしました。

すると、教授はいくつかの本を紹介してくれました。
 
 
 
ということで、今回二回目の!
 
 
 

「アムウェイにきをつけろ」ワンポイントアドバイス

「他人の成功を手伝おう」 というメッセージの本を 薦められたら気をつけろ

この教授の「ファイナンシャルセミナー」の時からそうでした。

「アムウェイ」とか「ネットワークビジネス」とか、そういったことに関るワードはこれっぽちも出さないうちから、アムウェイの教育は始まってるんです。

セミナーのときは、お金へのネガティブなイメージを解き、日本経済への不安を煽り、副業の必要性を説き、アムウェイへの道筋を作るのが目的でした。
 
 
 
そして、今回教授から紹介された本もまさにそれ!

僕が教授が紹介された本は、

  • 「夢を叶えるゾウ」水野敬也
  • 「微差力」斎藤一人
  • 「CHANCE」犬飼ターボ

この3冊。

僕は即行読みました。
 
 
 
「夢を叶えるゾウ」水野敬也

この本は、大ヒットして、古田新太さん主演でドラマ化もされました。

読まれた方も多いでしょう。

ヒットしただけあって、読みやすく良い本でした。
 
 
  
「微差力」斎藤一人

斎藤一人さんは、10年連続長者番付トップの銀座まるかんの社長。

「斎藤一人」で検索すると、「宗教」とか「詐欺」とか怪しいのが色々出てきますが、本はめちゃめちゃ売れているようです。

僕もわりと好んで読みます。

でも、この本はあんまり印象に残っていないです。
 
 
 
「CHANCE」犬飼ターボ

この中では、一番マイナーな本ですが、ビジネスで成功するサクセスストーリーが描かれた本で、結構面白かったです。

 
 
 
さて、この3冊。

ネットで調べていくと、どれもアムウェイの人がよく薦める本として情報が出てきます!

「アムウェイ・本のタイトル」で検索してみてください。
 
 
 
そして実際読んでみると、この3冊には共通点がありました。
 
 
 
それは、どの本も「収入を増やすには『他人の成功を手伝うこと』」という言葉が出てくること!

これ、実はアムウェイの教えにピッタリなんですねー!
 
 
 
アムウェイは一人では絶対に成功しないビジネスです。
 
 
 
アムウェイで成功するには、自分が勧誘して、アムウェイ会員(ダウン)を増やして、その人達にアムウェイ商品を買ってもらうこと。

そして、そのダウンたちにまた会員を増やしてもらって、その人達に商品を買ってもらって...と連鎖していくことが重要です。
 
 
 
で、これは単発では意味がありません。

継続的に商品を買ってくれて、継続的に会員を増やしてもらう必要があるんです。

そうするために一番いいのが「組織(コミュニティ)」を形成することです。
 
 
 
組織を作って、お互い仲良く支え合い、フォローし合い、学び合い(洗脳し合い)、切磋琢磨し合いながら、みんながモチベーション高く新規会員を増やしてくれるようにする。
 
 
 
そうやって「お互いを信頼し合って、一緒に夢を実現する」というテーマのもと、みんなにピュアに頑張ってもらうために、「他人の成功を手伝いましょう」という教えがピッタリなんですね。
 
 
 
最終的に自分が動かなくても、周囲が頑張っていく仕組みを作っていくわけですね。

これがアムウェイ成功の秘訣だと思います。
 
 
 
で、僕は教授からこの本を薦められて、間接的に「他人の成功を手伝いましょう!」というアムウェイ教育(洗脳)を受けたわけです。
 
 
 
というわけで、もし、こういった系の本を薦めてきたら、その先でアムウェイ勧誘される可能性があるので、お気をつけ下さい。
 
 
 
 
 
 
さて、バーベキューですが、僕を誘ったA君は用事で先に帰り、僕は最後の片づけまで手伝い、新しく出来た知り合いの人たちと一緒に帰りました。

僕は、キラキラリア充の仲間に入り、自分の中で何かが変わっていく感じがして、知らぬ間に深みにハマり始めていました。
 
 
 
今この時から3年経過しているが、あの時あった人たちのうち、どれくらいの人がアムウェイを続けているんだろうか。

何人の人が、いらんことに時間使ってしまった、と思ったんだろうか。
 
 
 
次回は、「二回目のファイナンシャルセミナー」の話です。

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 - アムウェイ , , , ,