アムウェイに気をつけろ②すぐお茶しようって言ってくるヤツ

      2018/06/12

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

コーヒー

 
 
どうも、軟弱勇者のアルフです。

ただいま数年前に僕の身に起こった、アムウェイとの一連の出来事を書き綴っています。

「僕がアムウェイに出会い、入りかけて、直前で思い留まるまで」の話です。

そんな過激なものではありません。
また、アムウェイを全否定するものでもありません。
 
 
ただ、ちょっとアムウェイってなんかキモいなアムウェイってなんか怖ええなって思った出来事です。

この一連のストーリーで、アムウェイがどんな活動をしているか、ちょっと学んでもらえる話になっています。




二回目のコンタクトはスタバでお茶

前回のエピソードはこちら
 
 
起業セミナーで知り合った28歳の男性A君。
(この男がアムウェイなのですがこの時はまだ知りません)

フェイスブックのメッセンジャーで「今度飲みに行きましょう♪」と約束してから1ヶ月後。
 
 
 
とうとう彼と会う日。

15:30。スタバで待ち合わせです。
 
 
時間ギリギリに彼が来ると、「じゃあ入りましょうか」ってことでスタバに。

スタバ

あれ、飲みにいくんじゃ...
 
 
あ、なるほど、

時間もまだ早いし、

いったんお茶して、

そっから夜ご飯食べに行くって算段かな。
 
 
 
 
てことでコーヒーを飲みながら、普段お互いやっていることや、起業の話、目標の話など、小一時間楽しくトークしました。

もちろん彼がアムウェイだとはまだまったくわかりません。
 
 
 
とても気さくでいいヤツだし、どうやら人脈も広そう。
 
「それだったらこういう友だちがいるから今度紹介するよ」と、何かとジャンル多彩に知り合いがいる。
 
 
さてここで
 
 

「アムウェイにきをつけろ」ワンポイントアドバイス

アムウェイワンポイントアドバイス2
 
 
アムウェイは人との繋がりりで成り立っているビジネスです。

基本的には会員としての繋がりのあるグループで活動します。
 
 
 
自分の勧誘した子会員、孫会員と続く、自分より下の会員
※ダウンと呼ばれています。

それに加えて自分を勧誘した親会員、そのまた親と続く、自分より上の会員。
※アップと呼ばれています。

さらに、その親から枝分かれしたその他親戚会員...
 
 
アムウェイの組織イメージ
アムウェイグループ

 
この組織で日々色んな活動を行っています。
(どんな活動かはおいおい出てきます)
 
 
すると必然的に人脈は広がります。
 
 
その中に、関連のあるメンバーがいれば、

「そのジャンルならこんな知り合いがいるから紹介するよ」

と紹介ができるわけです。
 
 
 
だからもし、あなたにやたら知り合いを紹介すると言ってきたら、アムウェイかもしれません。
 
 

え、もうですか?

 
 
「ぼちぼち行きましょか」

スタバで小一時間しゃべってあとです。
 
 
 
ひと月前、A君とメッセンジャーで今日の約束したときは、確かに「飲みに行きましょう」って話やったんです。

だからがっちり飲みにいくテンションできました。
 
 
 
ところが、いざ終わって出てみるとA君は

「じゃ、また!」
バイバイ手を振る

と、あっさり去っていきました。

 
 
 
「え?」

かなり拍子抜けしました。
 
 
が、まぁしょうがないんでその日は帰りました。
 
 
 
 
すると、その夜に彼から連絡が来る。

「今日は楽しかったです。また遊びましょう」
 
 
「こちらこそ楽しかったです。またそのうち~」

ってな感じのやりとりで終わるかと
 
 
 
思いきや!!
 
 
 
「次いつ会えます?」
 
 
いやいや、え?

もうですか?近くない??
 
 
 
と。
 
 
そう思ったんですがね。

僕自身、そのとき起業とか考えてたし、いろいろと外に出て動かないとあかんよね、とか思ってたので、その誘いに乗ることにして、いつ空いてかを返しました。
 
 
 
すると、

「お茶しよう!」
 
 
 
いや、したやん!さっき!
 
 
 
次に会ったのは、その4日後でした。
 
 
今考えると異常だと分かります。
 
 
 
ここで今回2度目の
 

「アムウェイにきをつけろ」ワンポイントアドバイス

アムウェイワンポイントアドバイス3

アムウェイは誰かを勧誘して入会しても、ほったらかしではありません。
 
 
 
その人が商品を買ってくれるように、また、その人が新しい仲間を増やすように、そのモチベーションが下がらないように、常に監視し、働きかけなければいけないのです。

また、その人も親会員や、その親の親会員などからそうやって働きかけがあります。
 
 
そのために商品を紹介したり(デモンストレーション)、上手に勧誘するための勉強会だったり、アムウェイのセミナーに参加したりという集まりがあります。

それ以外にもグループの親睦を深め、楽しい活動、居心地のいい組織にするために、頻繁にBBQやらパーティやらのイベントが開催されています。
 
 
 
そんな忙しい時間の合間を縫って、今回の僕のように新規開拓のために、人に会わなければいけないわけですが、ポイントはその会い方です。
 
 
 
心理的法則で「単純接触効果」というのがあります。

ざっくり言うと「接する回数が多ければ多いほど、相手に好感を持ちやすくなる」というもの。
 
 
要は、長い時間一緒に過ごすより、短くても回数が多い方が仲良くなりやすいってこと。
 
 
 
この法則で考えれは、会員を増やすには、1人にダラダラ時間を使うより、頻繁に、小刻みに会う方が効率がいいというわけです。
 
 
だから、アムウェイの人は食事ではなく、お茶に誘うのです。
 
 
 
もし、やたらと「お茶しよう」と誘ってくる人がいたらアムウェイの可能性が高いので、お気をつけ下さい。
 
 
 
次回は3度目に会ったときの話です。

続く
→ アムウェイに気をつけろ(3)「知り合いのすごい人」を紹介したがる
 
 
 

マイク・カキハラ ビジネス社 2011-02-24
売り上げランキング : 88309

by ヨメレバ

 - アムウェイ , , , , , , ,